法要について

毎年5月、動物慰霊祭を執り行います。
僧侶による大法要を厳修し法話をいただきます。たくさんの思い出を与えてくれた今は亡き動物達への感謝と思い出を偲ぶ1日として恒例の行事となっております。

大法要


開催会場にて、祭壇を設置し、読経いたします。読経の途中で参列者の方々には献花をして頂きます。

記念法話


大法要の後に記念法話をいただきます。人と動物・宗教との関わりなど多岐に渡るお話をエピソードを交えながら解りやすく語っていただきます。

その他


卒塔婆の掲載供養を行います。
慰霊祭法要後掲載を開始し、約一ヶ月間供養致します。掲載後は読経の上、お焚き上げ致します。当日ご出席される方はもちろんのこと、ご欠席の方でも承ることができます。

ご参加人数に制限はありません。
ご家族連れで出席される方々が多く、厳かさの中にも和やかな催しとなっております。


法要と供養

個別法要

忌日や納骨に際して法要を営むことができます。予約制になりますので事前にお申込み下さい。

卒塔婆供養

忌日塔婆(初七日、三十五日、四十九日、百ヶ日、一周忌、三回忌、七回忌 等)、行事塔婆(新年、春彼岸、お盆、秋彼岸 等)

※毎年12月は、年間行事として人形遺品供養を行っております。人形、遺品のお預かりは、12月1日より人形遺品供養日前日までとなります。