ワイヤー・フォックス・テリア

特徴

ワイヤー・フォックス・テリアワイヤー・フォックス・テリアは、横から見ると背中が少し短めで、四角形に近い胴体を持ち、地面をしっかりと踏みしめて立つ姿勢が特徴的です。脚がずば抜けて速く、忍耐力とパワーがあるので、狩りの時には馬や他の猟犬たちに遅れずについて走ることができ、また、キツネを追って細い道に入り込んでしとめる能力に長けています。特に速く走る時には、後肢の力でぐいぐいと力強く前進して進みます。その表情や態度は超然としていて、いつも警戒心を怠らない厳格な雰囲気を保っています。また、先を見越したかのような行動もこの犬種ならではの特徴です。

密生した被毛は針金のように硬く、少し曲がったりねじれたりしている下毛は、まるで椰子のむしろのように見えます。上毛は縮れていることもありますが、ショーでは巻き毛でない方が好まれます。