埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

スピノーネ・イタリアーノ

スピノーネ・イタリアーノ

歴史

スピノーネ・イタリアーノスピノーネ、イタリアン・スピノーネ、またはイタリアン・グリフォンとしても知られますが、その血筋は定かではありません。この犬種のファンによると、そのルーツは少なくとも紀元前500年、セノフォンテが記した『Gynegiticon』に登場する、力強く、絶大なる持久力を誇り、ワイヤー状の毛を持つポインティングドッグにまでさかのぼります。その後1000年の間、数名の作家が、長い剛毛を持つ狩猟犬について書き残してきました。1450年頃、画家のアンドレア・マンテーニャがイタリアはマントゥアの城壁に残した『The Return of Cardinal Gonzago』に、スピノーネのような犬が描かれています。「粗い被毛の」、または「剛毛の」ハウンドは、中世の文学にも多く記され、その狩猟への熱意、主人への気遣い、我慢強さがいつも賞賛されてきました。今でも多目的な狩猟犬として活躍していますが、優しさ、愛情に満ちた気持ち、人を喜ばせようという心も持ち合わせ、家庭でのパートナーとしても優れています。2000年9月に、アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)のスポーティング・グループに認定されました。

特徴

大きく、角張った、筋肉隆々とした体つき。耳は柔らかく、尾は断尾します。波打つワイヤー状の毛が特徴です。頭は長く、ストップ(両目の間のくぼみ)はほとんど目立ちません。マズル(鼻口部)は角張り、ややローマ鼻です。柔らかい耳は、垂れ下がっています。被毛が濃く皮が厚いので、冷気や水に耐え、生い茂った藪の中を怪我をせずに通り抜けることができ、狩猟にはうってつけです。体の被毛の長さは約3.8~6.4cmで、頭、耳、マズル(鼻口部)、足の前側の毛は、それよりも短めが理想とされています。足の後ろ側の毛は粗いブラシのようですが、房状になることはありません。もじゃもじゃの眉、口髭、顎鬚によって、顔が枝や茨から守られます。やや荒々しい印象の外観は、柔らかく優しい目とかわいらしい表情によって和らいでいます。目の色は黄土色。被毛が濃い色の場合は、より濃い色の目をしています。典型的な被毛の色は、白や、白か茶色の地にオレンジか茶色のまだら模様があるものや、オレンジか茶色の糟毛などです。もっとも好ましいのは、「カプチン修道院の僧服」と呼ばれる、深いチョコレート色です。黒は認められていません。尾は、通常、付け根から約13~20cmほどの長さに断尾します。

飼育のポイント

被毛は、刈り込んだり、剃ったり、ブラッシングしすぎたりせずに、自然な状態にしておきます。抜け毛は多くないですが、周期的に毛が抜け落ちるので、多少のブラッシングが必要です。飼い主によっては、古い毛を取り除くために、時々全身を刈り込むこともあります。さまざまな病気や体調不全になりやすく、その病気の中には、股関節形成不全や、小脳性失調症(死にいたることもある遺伝性の脳の病気。現在は1種類の血統にしか見られない)などがあります。動物のための整形外科基金(OFA)が発行した父犬と母犬の認証書を、ブリーダーからもらってください。また、血統図もよく確認しましょう(小脳性失調症について詳しくは、www.spinone.comで確認できます)。まったく吠えないワンちゃんや、普通に吠えるワンちゃんがいます。

性格

並外れて優れた猟犬です。追跡や泳ぎが得意で、レトリーバーやポインターとしても優れています。主人との密接な関係のもと、協力して仕事をするのが大好きです。短所としては、自立心が弱い面もあり、長いことひとりぼっちにされたり無視されたりすると、すぐにストレスがたまります。たいへん賢いので、喜んでトレーニングを受けます。しかし、些細なことや調教師の間違いに敏感に反応し、頑固な面もあるので、初心者の飼い主には向きません(服従することはできますが、ゴールデン・レトリーバーやシェットランド・コリーのような「ひらめき」がないため、服従競技には通常向きません。)。元来遠慮深い性格なので、子犬のときから子犬のクラスに参加させたり、さまざまな人や状況を経験させるなどして、よく社会性を育て、自信や親しみやすさが身につくようにしましょう(特に子供によく慣れさせ、大人になってから子供と快適に過ごせるようにしてください)。だからといって、このワンちゃんが神経質だったり、気難しかったりするわけではありません。多くのブリーダーによると、穏やかで優しく、遊び好きな賢いワンちゃんです。ただ、少し複雑な心の持ち主なので、経験を積んだ調教師が必要です。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP