埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

ローデシアン・リッジバッグ

ローデシアン・リッジバッグ

歴史

ローデシアン・リッジバッグローデシアン・リッジバックは、南アフリカの先住民が飼っていた背中に逆毛のある犬種と、16~17世紀にボーア人が持ち込んだグレートデンやセントハウンドなどの他犬種との交配から生まれました。この犬は主人をよく守り、かつては獲物を捕らえること、獲物の回収、子供の相手、番犬など、様々な仕事を務めました。南アフリカのハンターたちはローデシアン・リッジバックを一群にして使えばライオンも倒せることを知っていました。この犬種の別名アフリカン・ライオン・ハウンドはこの事実に由来しています。アフリカの過酷な自然に適応しているので、高温に強く、1日くらい食べ物や水がなくても耐えられます。 1959年アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)の登録犬種となりました。

特徴

大型の筋肉質の美しいハウンド犬。特徴的な逆毛が背中に沿って対称的なラインを描いています。この逆毛はほかの部分の毛とは逆方向に生えているのです。短くなめらか被毛は淡色から暗色の小麦色で、小さな白のマーキングが胸や足に入っていることがあります。頭は長く、頭蓋は平らで幅広。力強い顎を備えています。明るく輝く目は丸く、賢そうな表情を浮かべています。鼻の色は被毛によって黒かブラウンが望ましいとされています。垂れ耳です。黒い鼻の犬は黒い目、ブラウンの鼻の犬は琥珀色の目がよいとされています。前脚はまっすぐ力強く骨太です。先細の尾はかなり長く、やや上向きにカーブしています。

飼育のポイント

かかりやすい病気は股関節形成不全および嚢胞。食事を与えすぎないこと。オスはほかの犬に対して非常に攻撃的になることがあります。

性格

ハンター犬として優れた気質を持つ反面、家ではやさしく穏やかな性格です。気立てがよく子供好き。頭のいい犬です。完璧に服従させるトレーニングをすること、早いうちから人やほかの犬に慣らすことが必要です。飼い主が確固たるリーダーシップを示せば、優れたコンパニオン・ドッグになります。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP