埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

ノーフォーク・テリア

ノーフォーク・テリア

歴史

ノーフォーク・テリアノーリッチ・テリアとノーフォーク・テリアは当初同じ犬種として扱われましたが、1964年に英国で正式に2種 に分けて認定されました。1979年にはアメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)もこれに従いました。ノーリッチの耳は立ち耳ですが、ノーフォークの耳は 垂れ耳です。どちらも最初はイギリスでネズミ捕り用の小型犬とし生まれました。後にキツネ狩りの時に、穴にもぐり込んだキツネを追い出す役に使われまし た。追い出したキツネを馬と猟犬がまた追いかけるのです。このテリアは体が小さいので狭い穴でもやすやすと出入りできます。群れで狩りをするように作られ ているので、ノーフォークとノーリッチはともに他のテリアより周囲とうまくやっていく能力があります。現在では家庭犬となっていますが、今でも害獣駆除が できます。

 

特徴

脚は短く、針金のようにつんつんとした毛が粗く生えていて、丸い耳は垂れています。体はたくましくがっしりとしており、胴は体高より少し長く 背すじはまっすぐです。頭は幅広で丸みがあり、マズル(鼻口部)は先が細くなっているくさび形です。歯が大きく、咬合はシザーズバイト(上歯が下歯にやや かぶさるはさみ状の噛み合わせ)でなければいけません。小さな耳は先端がやや丸く、前に折れて垂れています。小さな卵型の目は暗色で、目のまわりも黒く縁 取られ、鼻の色も黒です。尾は断尾されますが、体全体とバランスのとれた適切な長さが残っていなければなりません。尾はぴんとまっすぐに立っています。足 先は丸く、パッド(肉球)は厚みがあります。水をよく弾く上毛、下毛が別々に生えていて、色は小麦色、レッド、黒とタン、グリズル(灰白色)のさまざまな 濃淡の色合いがあります。暗色の斑点は大きな問題ではありませんが、白斑はよくないものとされます。首と胸の長い毛がたてがみのようになっています。

飼育のポイント

とても健康な犬種です。回転の速い頭を紛らわすものもなく長時間外に放っておかれると、地面に穴を掘ったり吠えたりします。おもちゃやボール が大好きです。トイレトレーニングに苦労する場合があるかもしれません。絶対に走って逃げてしまわないと思われる場所以外ではリードを放してはいけませ ん。距離が短ければジョギングもできます。

性格

機敏で忠実。怒りっぽい面もあります。チャーミングで愛情たっぷり。社交性に富み勇敢です。自己主張の強い ところもありますが、攻撃的というわけではありません。飼い主ひとりだけにしか慣れないものもいますが、家族の一員として一緒に行動するのが好きです。 ノーフォークもノーリッチもしつけ方は同じで、筋の通ったルールと基本的な服従訓練が必要です。臆病にならないよう、子犬のころから他の犬種の犬たちに慣 れさせ、社会性を養っておくようにしたいものです。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP