埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

アイリッシュ・セッター

アイリッシュ・セッター

歴史

アイリッシュ・セッターアイリッシュ・セッターは元来アメリカではアイリッシュ・レッド・セッターと呼ばれた犬種ですが、立派な万能選手の猟犬です。走りは速く素晴らしい鼻をもっています。どんな地形でも平気です。獲物を探すテクニックはハンターの前を敏捷に前へ後ろへと走り回ることで す。アイリッシュ・セッターはよき指示犬でありよき回収犬でもあります。特に鳥の猟が得意です。しかし外見が美しいので、ブリーダーたちは狩猟能力よりはむしろ外見の美しさを選ぶことも多いようです。そこで今では通常ショードッグあるいは家庭でのコンパニオン犬として飼われています。もちろん今でも時には猟犬として活躍することもあります。

特徴

元気一杯でしかも貴族的風貌の美しいセッターで、独特のふさふさとした絹糸のような被毛をもっており、マホガニー色(赤褐色)の房毛が生えています。胸やつま先や額の白いスポットはドッグショーの審査リングでも認められています。黒は認められていません。若い犬の中には耳の後ろと四肢にシルバーグレイの毛のある場合がありますが、成犬になるにつれて消えて行きます。胴体はやや体高より長く、胸は深くその幅はかなり狭くなっています。頭部はながく彫が深く後頭部からストップ(両目の間のくぼみ)はしっかり形づくられています。マズル(鼻口部)は長く、横からみれば矩形の形です。鼻は黒または茶褐色で目は茶色です。長く垂れ下がった耳は美しいつやのある毛色で三角の形です。歯の咬みあわせはシザーズバイト(上歯が下歯にややかぶさるはさみ状の噛み合わせ)またはレベルバイト(上下の歯がぴったりと合わさる噛み合わせ)でなければなりません。

飼育のポイント

この犬種は行動性が高く、必要とする運動量もかなり大きいので都会生活よりは地方で飼うのが最高です。すぐ家の中がめちゃめちゃになります。股関節形成不全には注意が大切です。膨張症になりやすいので注意しましょう。アイリッシュ・セッターは年に1回か2回、専門のペットショップでグルーミングしもらうと最高の見栄えがすることでしょう。その中間には週に1度ブラッシングする程度で十分です。フィールド用でもショー用でもどちらの血統もいいペットになります。フィールド用は高い運動性を確保できるよう被毛も短く身体もやや小型にできています。

性格

時には軽々しい行動があり、大変愛らしく直情的。外出が大好きで、外では楽しくはしゃぎまわります。とても精力的です。訓練には毅然とした態度で臨みましょう。この犬種はすぐ悪い習慣に染まる傾向がありますので、これを防ぐため幼いうちから訓練を始めてください。また家の中でのマナーをしつけることも大切です。訓練への反応がよい反面、感じやすい面ももっています。よく運動をさせないと暴れるようになります。 他の動物との折り合いは良好です。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP