埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

イビザン・ハウンド

イビザン・ハウンド

歴史

イビザン・ハウンド5000年以上前の古代エジプトの美術品に、現在のイビザン・ハウンドに非常によく似た犬が描かれているものがあります。このすらりとした猟犬のグレーハウンドは、紀元前700年から900年頃、フェニキア商人がエジプトからスペインの沿岸にある諸島に持ち込んだと推定されています。この犬種は、イビザ島や他の近隣の島々で広がり、ウサギなどの小型獣の狩りに使われました。イビザン・ハウンドは、どんな地形でも、視覚と聴覚と臭覚を使って狩りをすることができます。獲物を見つけるとしっかりと居場所を示し、獲物の回収もとても上手にこなします。スペインのハンター達は、この犬を群れで走らせます。現在では、その追跡本能はルアコーシングで十分発揮できます。イビザン・ハウンドは、楽しい家庭犬でショードッグでもあります。ファラオ・ハウンドに非常によく似ていますが、イビザン・ハウンドの方が大きく、被毛は混色であることがあります。1979年にAKC(アメリカン・ケンネル・クラブ)に正式に公認されました。

特徴

この敏捷で鹿のような、エレガントで活発で丈夫なハウンドは、長いアーチ形の首と長いくさび形の頭部をもっています。目は琥珀色で、警戒するとピンと立つ非常に大きな三角形の耳をしています。ローズまたは肌色の鼻は、やや凸状の形をしています(「ローマ鼻」といいます)。体は骨細ですが、他のサイト・ハウンド(視覚型猟犬)がたいていそうであるようにほっそりしているのではありません。イビザン・ハウンドは扁平で滑らかな筋肉がついていて、ぎこちなさはありません。前脚は肘から下は完全にまっすぐです。狼爪は切除してもしなくてもかまいません。尾は長くほっそりしていて、くつろいでいる時は低い位置に垂れ下がっていて、警戒するとやや高く持ち上がります。この犬種は「ウサギのような足」をしていて、足先は長くなっています。被毛の状態はスムースとワイヤーヘアーの2種類があり、毛色は赤または白、またはこの2色の組み合わせです。優雅で軽やかな足取りで歩きます。

飼育のポイント

イビザン・ハウンドは、完全に休止した状態から非常に高く跳び上がることができるので、ほとんどの塀は軽々と跳び越えます。ですから、この犬の安全を確保するためにも、かなり高い塀で囲うか、または、屋根付きの飼育場を用意してください。信じられないくらい速いので、一度逃げると捕まえるのはきわめて難しくなります。追跡本能が強く、車の往来に注意が向かないので、大事故につながる可能性があります。塀で囲まれた広い場所(ブリード・クラブの 資料によると12 × 18m以上)が定期的な運動に最適です。オスは飼うのが難しいかもしれません。ウサギ、ネコ、ネズミ、リスなどの小型のペットには気をつけてください。イビザン・ハウンドは、こうした小動物を狩るように作り出されているからです。この犬種は、たくさん子を生む傾向があります。イビザン・ハウンドは頑健で強いのですが、殺虫剤やノミ取り粉などの薬品にアレルギー反応を示すことがあります。被毛が防寒に役立たないので、寒さに非常に敏感です。発作に見舞われがちな血統があるようです。この犬種は、遺伝的に、神経軸索ジストロフィーという神経や筋肉の病気にかかる傾向があります。

性格

おとなしく清潔好き。遊び好きでお行儀がよく、分別があり敏感です。やさしく、しつけやすいのですが、わがままで飽きやすい傾向があります。やや独立心が強くよそよそしいところがありますが、たいていは人なつこい犬です。防衛本能が強く、他の犬、特に同性のイビザン・ハウンドにやや攻撃的になる傾向があります。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP