埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

グレートデン

グレートデン

歴史

グレートデン現在のグレート・デーンに似た大型の犬の絵は、5000年以上前の古代エジプトの遺物に見られます。しかし、この犬種の改良は、数世紀後にドイツでマスティフ種の犬とアイリッシュ・ウルフハウンドを交配させた時に始まりました。グレート・デーン(「デーン」は「デンマーク人」を意味する)という名であっても、この犬の原産地はデンマークではありません。グレート・デーンは、ドイツの偉大な宰相ビスマルクのお気に入りでした。この高貴な犬種は、戦争で馬車犬、イノシシの猟犬、警備犬および番犬に使われてきました。現在では主として、番犬や家庭犬になっています。

特徴

超大型のエレガントで筋骨たくましい犬で、短くつやのある被毛をもっています。体高は、オスの場合85cm、メスの場合80cmが好ましいとされます。毛色は、淡黄褐色と斑でブラックマスク(前顔部や鼻口部が黒い)のものや、黒、ブルー、そしてハーレクイン(白地に黒斑)などさまざまです。体長は体高とほぼ等しく、全体的に正方形に見えます。ただし、よく均整のとれたメスの場合、やや体長の方が長いことがあります。長方形の頭部は長く、形よく整い、ストップ(両目のくぼみ)は非常に明瞭です。額は扁平で、マズル(鼻口部)と平行な面になっています。鼻の色は黒ですが、濃いブルーブラックの鼻をしているブルーのグレート・デーンとハーレクイン(黒い斑点のある鼻が認められる)は例外です。歯はシザーズバイト(上歯が下歯にややかぶさるはさみ状の噛み合わせ)が好まれます。耳はそのまま、またはある程度先端を切り落とすこともあります。本来の耳は三角形で折れ下がっています。断耳された耳は直立しています。長い尾は先細になっています。

飼育のポイント

この犬種は短命です。非常に大きな犬なので、この犬には、人(特に子供)にもたれかからないように教えてください。股関節形成不全に注意してください。購入の際は注意して選びましょう。また、鼓脹症、腫瘍、心臓病にかかりやすく、尾を痛めがちです。食事代がかなりかかります。少なくとも1歳になるまでは、一緒にジョギングしないでください。

性格

穏やかな超大型犬で、威厳があり親切です。やさしくて愛情深く、落ち着きがあり、責任感の強い頼もしい犬です。勇敢で忠実。挑発されると攻撃的になることがあります。他の犬、特に同性の犬に対してケンカしやすいものもいます。非常に大きいので、成犬になったときに手に負えなくならないように、子犬の頃から徹底的に服従訓練をしておかなければなりません。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP