埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

ゴールデンリトリバー

ゴールデンリトリバー

歴史

ゴールデンリトリバーゴールデン・レトリーバーは、おそらく、イエローのフラットコート・レトリーバー、淡い毛色のツイード・ウォーター・スパニエル種、他のスパニエル種、セター種、さらにニューファンドランドを交配させて、イギリス諸島で最初に作り出されました。実際には、この犬種は初めゴールデンのフラットコートとして登場しました。ゴールデン・レトリーバーは、世界一の家庭犬です。服従競技のトップを占めることも多いです。ゴールデン・レトリーバーはまた、陸地はもとより水中でも鳥猟犬としてすぐれた能力を発揮します。非常に嗅覚が鋭いので、狩猟や追跡だけでなく、麻薬探知にも使われてきました。人を喜ばせるのが大好きで、愛情にあふれ、学習能力があるので、盲導犬、セラピー犬、身体障害者のための補助犬としても活躍しています。

特徴

美しく、がっしりしていて、均整のとれた犬です。羽毛状で中くらいの長さの被毛の色は、クリームから金色まであります(赤い被毛はないことになっています)。オーバーコート(上毛)は水をはじき、アンダーコート(下毛)は密生しています。頭部は幅が広く、マズル(鼻口部)は先細になっていますが、幅は広いものです。鼻の色は黒で、やさしそうな目は茶色で縁は暗色です。耳は中くらいの大きさで垂れ下がっています。

飼育のポイント

股関節形成不全と先天的な目の異常に注意しましょう。両親にあたる犬がフォン・ウィルブラント病と心臓疾患を検査する必要があります。毎日運動させなければなりませんが、ボールや棒を回収するのが好きなので、運動させること自体はかなり楽です。必ずしっかりと運動させてください。この犬は太りやすいので食事を与えすぎないようにしましょう。ゴールデン・レトリーバーは、信頼のおけるブリーダー以外から購入しないようにしてください。この犬種は非常に人気があるので、性質の悪いものが多く販売されているので注意が必要です。

性格

穏やかで、情緒の安定した家庭犬です。忠実で自信に満ちています。やさしく、人を喜ばせるのが大好きです。活発で愛情に満ち魅力的。服従競技に秀でています。家庭犬としては最高で、忍耐強く、幼児に対しても親切です。誰にでもなつきます。飼い主を喜ばせるのが大好きなので、服従訓練も楽しみになります。度を越して狂喜することがあります。たっぷり相手をしてあげる必要があります。長い間、人との触れ合いがなくひとりぼっちにされると、いたずらを始めることがあります。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP