埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

チャウチャウ

チャウチャウ

歴史

チャウチャウチャウ・チャウの体つきは、今から数百万年前と確認されている、最古の犬の化石の骨格とよく似ています。中国では数千年前から飼われており、猟犬、荷車引き、船の見張りなどに使われていました。ある皇帝は、この犬種のつがい2500組を飼っていたとも伝えられています!長い歴史の中で、オオカミ、クロテン、キジの猟やそり引きとして使用されたり、その毛皮をコートの飾りにされたり、肉を珍味として食べられたりもしてきました。そして1800年代後半、商人によって初めてイギリスに連れてこられました。チャウ・チャウの名は、おそらくピジン英語の「チャウ・チャウ」という単語が語源と思われます。この単語は、極東からもたらされたあらゆる種類の雑多なものを表すのに使われる言葉です。今日のアメリカでは、家庭犬として非常に人気のある犬種となっています。

特徴

ずんぐりと大きくて幅広い頭部を持ち、がっしりした丈夫な犬です。被毛は、柔らかいダブルコート。毛色は、赤、黄褐色、クリーム、黒、青、灰色、稀に白の単色もあります。また、この犬の被毛には、ラフコートとスムースコートのいずれかの場合があり、スムースコートの犬は小型の秋田犬に似ています。人気が高いのは、ラフコートの方で、全身に美しい毛が密生し、首の周りにはふさふさとした長い毛がたっぷり生えていて、犬というよりライオンのように見えます。マズル(鼻口部)は広く、耳は小さな三角形で前方を向いています。尾もふさふさしていて、典型的なスピッツ種のように背の上で巻いています。舌と口は、黒みがかった色をしています。

飼育のポイント

この犬種はかなり扱いにくい面があるので、子供の相手や経験のない飼い主には向きません。他の犬に攻撃的になることがあります。成犬になってから防衛過剰にならないために、子犬の頃から多くの人間や他の犬に会わせて、慣らすようにしましょう。飼い始めたときから、毅然とした態度で接し、きちんとしたしつけを行うことも大切です。耳の感染症、まぶたの病気、ホットスポット(化膿性外傷性皮膚炎)にかかりやすく、股関節形成不全にもなりやすいので、注意が必要です。品質の悪い犬がたくさん売られています。信頼のおけるブリーダーから購入することをおすすめします。被毛が厚いので、暑さに敏感で、非常に暑い日には怒りっぽくなることがあります。また、いびきをかく傾向もあります。

性格

まじめで独立心が強いワンちゃんです。ふだんはお行儀がよいのですが、たまにわがままで防衛的になることがあります。オーナーの家族に対しても、いつもはとても忠実なのに、急によそよそしい態度をとることがあるのです。また、知らない人が体を押しつけたりすると、攻撃的になることもあるので、気をつけましょう。他を支配する気持ちが非常に強い犬種なので、支配力のあるオーナーが必要です。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP