埼玉県、東松山、川島、川越、鴻巣、坂戸、鶴ヶ島、熊谷、行田、北本等の比企郡及びその周辺のペット葬儀・火葬・霊園の事なら、東松山ペットメモリアルパークへお問合せください。しっかりとした火葬設備葬儀施設を備えておりますまた、有数の墓地を分譲中です。

ブル・マスティフ

ブル・マスティフ

歴史

ブル・マスティフ名前の示すとおり、ブルドッグとマスチフを交配させてできた犬種で、1924年に開発されました。密猟者を追跡して捕らえる猟場の番犬として用いられていました。獰猛で荒々しい性格ですが、侵入者に噛みつかないように訓練されていました。猟場の番犬の需要が減ってくると、夜間のカモフラージュに適したこの濃いまだらの、犬に対する需要は、もっと薄い色の犬に移っていきました。今では、ブルマスチフは、家族のコンパニオンドッグ(伴侶犬)として、また、護衛犬として頼りになる存在となっています。

特徴

ブルマスチフは、非常に力がありますが、体重はそれほど重くありません。大きくてしわのある頭と、四角くて濃い色をした、頭部の3分の1を占めるマズル(鼻口部)を持っています。黒い鼻には大きな鼻孔があり、濃い色をした適当な大きさの目は、警戒や知的な表情を表します。V字をした大きな耳は濃い色をして垂れ下がっています。歯の噛み合わせは、レベルバイト(上下の歯がぴったりと合わさっている噛み合わせ)か、もしくはアンダーショットバイト(少しだけ下顎が出ている)です。背は短く、キ甲(肩間の背の隆起)と腰部の間は直線で水平です。尾は先細りで、高く上げられ、後ろ足の膝まで達しています。短かくて滑らかな被毛は、淡黄褐色か赤のまだらで、よく頭に黒のマークがあることがあります。

飼育のポイント

他の犬には闘争的になることがあります。子犬のうちから同居させれば、他のペットとも暮らしていくことができます。ブルマスチフはマスチフよりかなり闘争的です。よだれをたらしたり、いびきをかく傾向があります。子犬は不器用なようです。太りやすいので、充分な運動をさせ、食事を与えすぎないようにしてください。平均して8~10年は生きます。股関節形成不全、腫瘍、鼓脹、眼瞼の問題、唇の“せつ”に注意が必要です。ブルマスチフは力が非常に強いので、鎖を引っ張らないようにしつけることが必要です。

性格

番犬。忠誠心が強く、温厚な性格。ときには頑固になることもあります。怒らせないかぎりは従順です。恐れをしらず、保護心が強いですが、優しい犬です。意志の強い主人を必要とします。乱暴にならないようにしっかりとしつけることが必要です。人見知りをしないように、人にも他の犬にも、早い段階で慣れさせることも必要です。

犬図鑑

お問い合わせはフリーダイヤル TEL 0120-102094

都心に近い分譲墓地
ペット葬儀・火葬
散骨用設備
シルバー・バーチ
猫図鑑
犬図鑑
PAGETOP